FC2ブログ

正次郎のNewsToday's MagabloSM Read a Review

長官官房
  • Creator : 長官官房
  • News

大予言!!的中する“正次郎の三つの大予言〟先ず一つ、安倍晋三総理は何年まで続くか。二つ目、安倍総理の後を継ぐ自民党総裁・総理は誰か? 最後の三つ目は安倍総理を引きずり下そうと画策している連中が死ぬ。

 三つ目からいこう。これを読んだ、政界を引退しながらネチネチと安倍晋三総理潰しを画策している永田町のダニと呼ばれる野中広務、青木幹雄、古賀誠と、今も現役の二階俊博らが脳溢血で寝たきりになるか死ぬか、心臓発作で死ぬことを先ず予言する。

当然野党諸君はショックを受け議員を辞めたくなるだろう。なら、これを機会に議員定数を大幅削減することにも・・・筆者の“言霊〟は必ず実現することは読者の多くはご存知。

正次郎の持って生まれた霊感は、暴力団フロントの声が高い細木数子や、その辺の占い師どもが”ああだこうだ〟とヤルのとはまったく違う

寝ていて突然飛び起き(私はベッドで目が覚めたら即起きる。とても高齢者はできない)、ペンを手に書き出したり、歩いていて突然言葉が口に出てくる予言だ。まさにこれが霊的なもの。自分の意志ではなく、天が言わしているからだ。

 社会情勢がどうだ、日本経済がこうだ、世界情勢がこうだとへ理屈は書く必要はない。天が言わしめた予言の先ず一つ目。安倍晋三総理政権は2020年夏の東京オリンピック・パラリンピック終了の秋まで続く。

この間、集団的自衛権で分不相応に世界制覇を狙う中国を叩き潰し、日本をアジアの覇者の地位にのし上げ、政界を引退する。

 そうなると2020年秋から後を引き継ぐ総理になる人物は誰か? これが二つ目だ。今後、ここに全国民の注目が集まり、永田町、霞が関では血みどろの闘争が繰り広げられる(私はそれが好きだが・・・)。当然世界も注目する。 

引き際を見極めた安倍総理は、自分が実現した“アジアの覇者日本〟をそのまま引き継ぎ、不動にし、永久(とわ)に栄える日本国を堅持してくれる人物に”禅譲〟する

しかし8年もの長期となると当然垢も溜まる。世界情勢も変るし、強い日本の路線に綻びも見え始めるだろう。従って、長期政権に群がった政官業の腐敗スキャンダルも次々と発覚し、世論も騒然とし始め左翼・朝日新聞、、毎日新聞、東京新聞などは、この時とばかりにスキャンダルを煽るのもまちがいない。

ただし、毎日、東京新聞はともかく、朝日新聞が報じる記事は絶対信じないこと。従軍慰安婦の虚報を32年間も続けた非を、国民の目から遠ざけるため、大袈裟に報道するから。

それらを封じ込め、押し寄せる多難を乗り切れる人物は誰か。本来ならここまでも有料にしたかったのだが、正次郎の優しさから無料でお送りしたので、これ以上は有料で読んでいただきたい。

その人物の名前はズバリ言う。<ここからブロマガ『課金記事』を購読するをクリックしてください>

Monthly MagabloSM Purchase

Monthly MagabloSM Price
680Yen

By purchasing a "Monthly MagabloSM", you purchase the entire month's worth of compiled content.

*Please check the editions you wish to purchase before going on to purchase.

2015

  Edition New Title Num of Articles Price

2014

  Edition New Title Num of Articles Price

2013

  Edition New Title Num of Articles Price

2012

  Edition New Title Num of Articles Price

1970

  Edition New Title Num of Articles Price

*Purchased content can be viewed without limitation.

*No identifying information will be sent to the MagabloSM creator.