FC2ブログ

正次郎のNewsToday's MagabloSM Read a Review

長官官房
  • Creator : 長官官房
  • News

「チベット」から鉄道2本を延ばす「中国の魂胆」!!世界制覇の野望捨てず!次は日本乗っ取りに出る!!

 標高約5000㍍を走る、中国の青蔵鉄道.見晴しがよく人気の高いこの路線は、青海省の西寧とチベット自治区の首府ラサを結ぶもの。そして先日、同路線の延伸工事が終わり、チベット第2の都市シガツェまでが1本に繋がることに。

「これまで車で片道5時間以上かかっていたラサーシガツゥエ間の移動が、約2時間に短縮される。中国政府はインフラ整備を通じ、現地住民の懐柔を目論んでいるのでしょう」(現地記者)

 もっとも、住民は手放しで喜んでいるわけではない。
「2006年に青蔵鉄道が開通した途端、本土からの訪問者が急増し、昨年のラサ駅利用者数は750万人と自治区人口の2倍以上にもなりました。便利になり漢民族の移住が進めば、チベット固有の文化が失われるとして、反対権も多い」(同)
 豊富な鉱物資源のすべてを持っていかれてしまうのでは、とも危惧されている。

 だが、中国の野望は留まるところを知らず、チベットのさらに南にまで触手が。
「青倉鉄道に関し中国政府は、インド、プータンと国境を接するチベットのドモ県までと、ネパールと国境を接するキドン県までという2方向への拡張計画を発表しています。それぞれ2020年までに着工予定」(同)

 単なる移動手段としてなら、空路を使えばよいはず。なぜ巨額の予算を投じ、鉄道を敷く必要があるのか。
「『建国方略』を書き北方開発の方法を説いた、“国父〟<ここからブロマガ『課金記事』を購読するをクリックしてください>

Monthly MagabloSM Purchase

Monthly MagabloSM Price
680Yen

By purchasing a "Monthly MagabloSM", you purchase the entire month's worth of compiled content.

*Please check the editions you wish to purchase before going on to purchase.

2015

  Edition New Title Num of Articles Price

2014

  Edition New Title Num of Articles Price

2013

  Edition New Title Num of Articles Price

2012

  Edition New Title Num of Articles Price

1970

  Edition New Title Num of Articles Price

*Purchased content can be viewed without limitation.

*No identifying information will be sent to the MagabloSM creator.