FC2ブログ

正次郎のNewsToday's MagabloSM Read a Review

長官官房
  • Creator : 長官官房
  • News

娘を売る母親急増!!ああ、こんな日本に誰がした!?日本人女性も被害 OLや学生狙う「人身売買」卑劣な手口も許せぬが、簡単に乗る女もバカとしか・・・

 先日、23歳のフィリピン人女性を「愛人」にしようと150万円で買い受けた川崎市の66歳の男と、売り渡したブローカー夫婦が警視庁に再逮捕された。わいせつ目的での人身売買摘発は全国初だ。

 今や“被害者”は外国人女性に限らない。日本は米国務省から、先進国で最低ランクの「人身取引根絶の最低基準を満たさない国」と位置づけされている。日本人をターゲットにした人身売買も増えている。被害者支援をしているNPO「ライトハウス」によれば、日本人の相談件数は、年間150件に上るという。

「ある20代前半のアルバイト女性の例です。昼間、都内の繁華街で、モデル事務所のスカウトという男に近くの事務所に連れて行かれ、アンケートを書かされた。後日、『超有名モデルの撮影があるから見に来て』と言われ、車で連れて行かれたのが、AV撮影の現場。帰ろうとしたら窓のない個室に閉じ込められ、『出演する気になったらドアを開けて出てきて』と監禁されたのです。怖くなって最終的に出演してしまったそうです」(同担当者)
 街角でテレビ取材と偽り、連れ込んだ雑居ビルで監禁というケースもあるそうだ。

 狙われるのは、10代後半~20代前半の女子大生やOL。原宿、渋谷、池袋などを歩いていて声を掛けられ、そこからセックス産業に“売られて”いくという。

 犯罪ジャーナリストの田代篤氏はこう言う。
「プチ家出して路上で援交している女子中高生も狙われている。『警察に言わないから、俺に管理させろ』と脅され、気づいたら売春から抜け出せなくなったというケースもある。『キメセクしてみませんか』というネット上の呼びかけに、興味本位で引っかかった若い女のコが<ここからブロマガ『課金記事』を購読するをクリックしてください>

Monthly MagabloSM Purchase

Monthly MagabloSM Price
680Yen

By purchasing a "Monthly MagabloSM", you purchase the entire month's worth of compiled content.

*Please check the editions you wish to purchase before going on to purchase.

2015

  Edition New Title Num of Articles Price

2014

  Edition New Title Num of Articles Price

2013

  Edition New Title Num of Articles Price

2012

  Edition New Title Num of Articles Price

1970

  Edition New Title Num of Articles Price

*Purchased content can be viewed without limitation.

*No identifying information will be sent to the MagabloSM creator.