FC2ブログ

正次郎のNewsToday's MagabloSM Read a Review

長官官房
  • Creator : 長官官房
  • News

女優・男優は売春婦(夫)を証明した渡辺淳一「お別れの会」での黒木瞳と川島なお美の醜い争い!!岩下志麻も三田佳子も名取裕子もやはりそうだった・・・。
8.1
以前、筆者は「女優も男優も売春婦(夫)。自分の肉体を提供して仕事(収入)を取る」と書いた。もちろん、事実を知っているから書いたのだ。それよりもっと前、親しくしていた関西選出の某代議士が、
「渡邊先生、女優の○○を紹介してくれませんか?」
 と突然言い出したことがあった。

その女優の裏を知っている筆者は、
「何、馬鹿なことを言ってるんですか。あの女、売春婦ですよ」
 と応じると、その代議士、
「売春婦でもいいですよ」

 まだ、男優を紹介してくださいという要望はないが、女優も男優も仕事が順調なときは、肉体を売らなくてもいいが、半年も仕事が途切れると焦り出す。「もうダメじゃないのか?」「今の生活を維持したい」等々から、事務所の社長やマネーっジャーにパトロン探しを頼むようになる。

 なかなか見つからなければ、どこかの酒の席で親しくなった知人、友人にまで「絶対秘密」を条件に依頼する。そうまでしてでも見栄を張る生活を維持したいのだ。金(仕事)さえくれれば、どんな醜い相手でも喜んでセックスする。

女優は相当な歳になっても買いたい成金はいる。が、男優はそうはいかない。40歳を超えせば買ってくれるゲイの金持ちはいない(60歳過ぎのババアはいる)。彼らもババアも金を払う以上、ぴちぴちの美少年、美青年を求めて当然だから、無情に捨てる。これを、レ・ミゼラブル「ああ、無情」というかどうかは知らない。

  が、これから紹介する女性セブンの記事を読めば、女優どもがいかに肉体を提供して仕事をとっていたかが、一目瞭然。さ、唾を呑みこんで読み通してください。それでもあの女優、あの男優と寝たいと思うならあなたも一流・・・・かもね。

  7月28日、4月30日に前立腺がんのため、この世を去った作家の渡辺淳一さん(享年80)の『お別れの会』が、都内のホテルで営まれた。

 この日、渡辺さんとの最後の別れを惜しんで、文壇をはじめ映画、出版、芸能界から約850人が会場に駆けつけた。その中には、渡辺作品の映画『愛の流刑地』で主演を務めた豊川悦司(52才)や渡辺作品11本に出演した津川雅彦(74才)、『別れぬ理由』や『遠き落日』で主演した三田佳子(72才)、名取裕子(56才)、八代亜紀(63才)のほか、小池真理子さん(61才)や北方謙三さん(66才)といった大物作家の姿もあった。

 「先生が亡くなってからまだ3か月しか経っていませんが、決して悲しい雰囲気の会ではありませんでした。生前の先生のお人柄もあって、みなさん笑顔で思い出を語り合っていましたね」(会の出席者)

 そんな和やかなムードで行われた『お別れの会』だったが、一部はピリピリとしたムードに包まれ、出席者たちの視線を集めていた。それは、あのふたりが会場に顔を揃えていたからだった。

 「『失楽園』の映画版で主演を務めた黒木(瞳・53才)さんと、ドラマ版で主演を務めた川島(なお美・53才)さんが、会場で鉢合わせしてしまわないか、内心ヒヤヒヤでした。というのも、このふたりは“共演NG”だといわれているんです」(映画関係者)

 1997年5月に映画版が公開され、それを追う形で、同年夏にドラマ版が放送された『失楽園』。閑職に追いやられた編集者・久木と、書道の講師をする人妻・凛子は、お互い家庭があるにもかかわらずひかれ合い、“W不倫”の渦へとのみ込まれていく。

 映画化の話が持ち上がったとき、主人公・凛子役を争ったのが、黒木と川島のふたりだったという。

 宝塚歌劇団の娘役トップだった黒木は、『失楽園』に出演する11年前に、同じく渡辺さん原作の『化身』で映画デビュー、女優に転身した。

 「当時、黒木さんは渡辺さんと親しい間柄にあったといわれています。渡辺さんの意向もあって『化身』の主演に抜擢され、大胆な濡れ場に挑戦したことで、一気に評価があがりました」(前出・映画関係者)

 その後、ドラマ『真夜中は別の顔』(テレビ朝日系)や、映画『略奪愛』など数々の作品に出演し、『失楽園』のときはすでに名実ともに“トップ女優”というべき存在だった。

 一方の川島は、1979年に歌手としてデビューした後は、『アイ・アイゲーム』(フジテレビ系)や『お笑い漫画道場』(日本テレビ系)などのバラエティー番組に出演するタレントにすぎなかった。

 「当時、川島さんはタレント扱いされることに嫌気がさし、女優としての道を模索していました。そんなとき、親しい出版関係者に“渡辺作品に出演するのが、大女優への近道”と教えられたそうです。渡辺さんは、自らの作品が映像化されるときのキャスティングに、絶対的な力を持っていましたからね」(芸能関係者)

 実際、黒木だけでなく、かつて『別れぬ理由』などで主演に抜擢された三田や『氷紋』(日本テレビ系)の岩下志麻(73才)などとも親しい間柄(肉体関係あり=筆者)といわれていただけに、渡辺さんと懇意になることは、女優へのステップになると川島は考えたのだろう。

 そんな川島が渡辺さんと知り合ったのは、1995年の年末に行われた渡辺さん主催の忘年会の席だった。出版関係者のほかに、テレビや映画関係者も参加していたというその会の場に、彼女の姿はあった。

 「川島さんからの猛アタックで、ふたりは親密な仲になったと伝えられています。当初は出版関係者や芸能界だけの噂でしたが、ふたりの北海道旅行が3度にわたって報じられたことで、世間でも川島さんと渡辺さんがただならぬ間柄であると知られることとなってしまいました。でも川島さんは大々的に報じられたことをむしろ喜んでいる節さえありましたね」(前出・芸能関係者)

 渡辺さんの川島への寵愛ぶりが周知の事実となったため、映画『失楽園』のヒロイン役は川島に決まりと目されていた。だが、いざふたを開けてみると、その座を射止めたのは黒木だった。

 「映画の主演を任せるということは、渡辺さんが黒木さんの女優としての実力を認めていたということです。逆に、川島さんについては、親しい人に“川島が愛人<ここからブロマガ『課金記事』を購読するをクリックしてください>

Monthly MagabloSM Purchase

Monthly MagabloSM Price
680Yen

By purchasing a "Monthly MagabloSM", you purchase the entire month's worth of compiled content.

*Please check the editions you wish to purchase before going on to purchase.

2015

  Edition New Title Num of Articles Price

2014

  Edition New Title Num of Articles Price

2013

  Edition New Title Num of Articles Price

2012

  Edition New Title Num of Articles Price

1970

  Edition New Title Num of Articles Price

*Purchased content can be viewed without limitation.

*No identifying information will be sent to the MagabloSM creator.