FC2ブログ

正次郎のNewsToday's MagabloSM Read a Review

長官官房
  • Creator : 長官官房
  • News


怒髪天!!中部電力、政界に裏金2,5億円!その②建設会社のカネ べりだった。裏金 法に触れることは認識

―中部電力(本店・名古屋市)で政界対策を担う秘書部の幹部を長く務めた元役員は取材に対し、当事者しか知り得ないウラの話を淡々と語った。

「私がやってきたことは社内でも一握りしか知らなかった」
 記者が元役員に初めて接触したのは昨年12月末だった。今年6月末まで取材は15回。30時間を超えた。毎回、取材を終えて元役員の発言について調べると、10年以上前に会った人物を含めて氏名の字句や読みはいつも正確だった。

 会った場所や当時の様子も詳細で、相手の人柄や趣味も事細かに記憶していた。
「元役員は社内では頭の切れる緻密な人という評判だった」(中部電力元幹部)
 という。

 秘書部の業務はベールに包まれている。社長や会長の財界活動の補佐や幹部人事の策定に関わり、政治家との窓口も務めた。
「秘書は政界対策を担い、社内で隠然たる力があった」(中部電力元首脳)
 という。

元役員が最初に記者に打ち明けたのは、社の交際費から合法的に支出した「オモテの金」の使い道だった。
 電力各社は1974年に自民党への企業献金廃止を決めたが、自民党の政治資金団体「国民政治協会」への献金は幹部社員のよる個人献金で続いた。
 中部電力は、
「個人の判断で、会社としては関知していない」
 と説明してきたが、元役員はそれはごまかしであることをはっきり認めた。
「肩書ごとに決められた定額を、会社が給料から引き落とすなどして徴収し献金させていた。そこに個人の意思はなかった」

 政治資金収支報告書に残らない形で自民党有力議員のパーティー券を購入したこともあった。
「グループ企業だけではなく、大手建設会社にも協力を仰いだ」
 企業献金廃止の業界ルールを完全に破っていたことも明らかにした。
「首相や首相経験者、東海地方の国会議員側に夏と年末の2回。100万~300万円を議員会館や個人事務所に持参した」


 一方、政界対策費を建設会社に工面させる「ウラの金」の存在を記者が聞き出すのには時間がかかった。
 詳細を尋ねても言いよどむことが続き、雑談だけで終わる取材もあった。核心を口にし始めたのは、8回目の3月末のことだ。

「県知事選で配る金は<ここからブロマガ『課金記事』を購読するをクリックしてください>

Monthly MagabloSM Purchase

Monthly MagabloSM Price
680Yen

By purchasing a "Monthly MagabloSM", you purchase the entire month's worth of compiled content.

*Please check the editions you wish to purchase before going on to purchase.

2015

  Edition New Title Num of Articles Price

2014

  Edition New Title Num of Articles Price

2013

  Edition New Title Num of Articles Price

2012

  Edition New Title Num of Articles Price

1970

  Edition New Title Num of Articles Price

*Purchased content can be viewed without limitation.

*No identifying information will be sent to the MagabloSM creator.