FC2ブログ

正次郎のNewsToday's MagabloSM Read a Review

長官官房
  • Creator : 長官官房
  • News

詐欺師から泥棒に転身!?国会サボって地元でお詫び行脚という「渡辺喜美」みんなの党前代表は歳費(給料)を返せ!!

―職務怠慢以外のなにものでもない。本誌が、DHCの吉田嘉明会長からの8億円借り入れ問題を報じて以降、みんなの党の渡辺喜美前代表(62)は国会をサボって、本会議はすべて欠席。表向き、体調不良を理由にしているが、その一方で、地元ではお詫び行脚を続けているという。”政治とカネ〟にまつわる疑惑を招いておきながら、今度は歳費(給料―筆者)ドロボーなのだ

 あらためて言うまでもなく、国会議員の本文は本会議に出席し、議案の審議と賛否を表明すること。しかし、渡辺前代表は、その責務を完全に放棄している。
「8億円の借り入れ問題が明るみに出た3月28日から一切、国会に姿をみせなくなりました」
 と解説するのは、政治部デスクだ。

「もともと、渡辺さんは本会議を蔑にする政治家を批判していた。地元・栃木の国会議員が国会会期中、農協の総会に参加するために地元入りすると、面と向かって責め立てていました。ですが、6月22日に閉幕した今国会で、渡辺さんは34回の本会議のうち、最初の11回しか出席していません」
 出席率は、3分の1にも満たなかった。

“風評被害“だと反省など欠片もなし!脱税の疑惑も・・・。
 その代わり、熱心に励んでいるのが、地元でのお詫び行脚だという。後援会幹部が明かす。
「5月の初めくらいから、個別に後援会の自宅などをまわって頭を下げています。時には、大勢が集まる場所にも足を運んでいる。6月30日に、那須塩原市の副市長が古巣の総務省に戻るにあたって送別会が開かれたのですが、渡辺さんはそこで、市長など約50人の参加者を前に、“やましいことは一切して居ません〟と話していました」

 さらに、7月12日、“渡辺喜美議員会〟のメンバーだった元那須塩原市議の叙勲祝賀会にも出向いている。
出席者の話。
「来賓あいさつに立つと、安倍総理と自分を重ね合せるようなスピーチをしていました。その中味は、“安倍総理は難病によって投げ出さざるを得なかったけど、世間はそのことを知らず、だらしがないと批判した。どん底に落ちた人の気持ちがわかる〟というものでした」


 同じどん底でも、落ちた理由は月とスッポンほど違うのだが・・・。おまけに、自己弁護も怠らなかった。
「あちこちから、“大変でしたね〟と声をかけられると<ここからブロマガ『課金記事』を購読するをクリックしてください>、

Monthly MagabloSM Purchase

Monthly MagabloSM Price
680Yen

By purchasing a "Monthly MagabloSM", you purchase the entire month's worth of compiled content.

*Please check the editions you wish to purchase before going on to purchase.

2015

  Edition New Title Num of Articles Price

2014

  Edition New Title Num of Articles Price

2013

  Edition New Title Num of Articles Price

2012

  Edition New Title Num of Articles Price

1970

  Edition New Title Num of Articles Price

*Purchased content can be viewed without limitation.

*No identifying information will be sent to the MagabloSM creator.