FC2ブログ

正次郎のNewsToday's MagabloSM Read a Review

長官官房
  • Creator : 長官官房
  • News




この女を二度と当選させるな!!あのセクハラ野次を売名に利用している都議・塩村文夏は都議選で選挙違反をしていた上に、事務所家賃も払わず訴えられていた。

「私は『報酬を払うから』という条件で、塩村さんの選挙活動を手伝いました」
 こう証言するのは、昨年6月の都議選で、塩村文夏都議会議員(35)のビラ配りやポスター貼りなどを行った運動員である。

 都議会のセクハラやじ騒動で一躍有名になった塩村氏。だが、放送作家時代に担当したテレビ番組で若い女性にポルノまがいの行為をさせていたことや過去のツイッターでの不適切な発言(㊟事務所家賃不払いで訴訟を起こされている)などが次々と発覚。ネット上で批判を集めている。

 その塩村氏に重大な疑惑が浮上した。所属するみんなの党関係者が明かす。
「都議選の際、塩村陣営の“実質的な選対本部長〟として選挙の指揮を執ったA氏が運動員に報酬を払う約束をしていたのです。A氏は運動員を『アルバイト』と呼んでいました。A氏を連れてきたのは、当時塩村さんが交際していた”大企業の御曹司〟でした」

 次のような証言もある。
「塩村さんは、A氏が連れてきた運動員について、『お金を払っているのになんで働かないの』などと不満を漏らしていました」(事務所で働いていたスタッフ)

 ところが、そんな運動員の中には約束した報酬をもらえなかった者もいた。冒頭の運動員が語る。
「選挙が終わってもお金がもらえず、A氏に『報酬はどうなってるんですか』と問い合わせると、『今、お金がないんだ。ちょっとまってくれ』と言われ、結局、もらえませんでした」


 その頃、A氏は必死に金策に走っていた。
「当選直後、塩村さんはお金の面倒を見てくれるはずだった御曹司と破局してしまった。報酬を払うお金がないので、A氏は塩村さんの選挙事務所だったビルのオーナー・Bさんに借りに行った。A氏は『200万円貸してくれ』と、『預かり証』と書いた紙を押し付けて頼み込んだのですが。Bさんは<ここからブロマガ『課金記事』を購読するをクリックしてください>

Monthly MagabloSM Purchase

Monthly MagabloSM Price
680Yen

By purchasing a "Monthly MagabloSM", you purchase the entire month's worth of compiled content.

*Please check the editions you wish to purchase before going on to purchase.

2015

  Edition New Title Num of Articles Price

2014

  Edition New Title Num of Articles Price

2013

  Edition New Title Num of Articles Price

2012

  Edition New Title Num of Articles Price

1970

  Edition New Title Num of Articles Price

*Purchased content can be viewed without limitation.

*No identifying information will be sent to the MagabloSM creator.