FC2ブログ

正次郎のNewsToday's MagabloSM Read a Review

長官官房
  • Creator : 長官官房
  • News



大損させられた国際的犯罪組織が!!ブラジルの至宝「ネイマール」を壊したコロンビアDFの生存確率!!

 <膝蹴りを食らわせた直後、当の本人も困惑顔だった。7月4日のサッカーW杯準々決勝で、ブラジルのFWネイマールを背後から襲って腰椎を骨折させた、コロンビアのDFス二ガ。一瞬で世界中のサッカーファンを敵に回し、“生存確率〟低下の危機を招いてしまったのだ>

 貧富の差の激しいブラジルには“ファベーラと呼ばれる貧民街が各地に存在している。だが、ファベーラ出身のスター選手も少なくなく、ネイマールもその1人。スポーツ紙のサッカー担当記者によれば、
「ネイマールが背負うブラジル代表の背番号10は、チームの象徴です。日本で言えば、同じ選手からも尊敬され長嶋茂雄、王貞治のような存在。彼は育ててくれた国内のクラブチームに気を遣って、なかなかスペインリーグに移籍しなかった。それで国民からは“サッカーの神様ペレ以来の誠実な10番〟と呼ばれて愛されています」

 全国紙『ジョルナル・ド・ブラジル』電子版は“ブラジルの至宝〟を壊された国民の怒りをこう代弁した。
≪ネイマールは腰椎を骨折してW杯から追放されてしまった。コロンビアのスニガを帰国させず、逮捕すべきだ≫

 スニガへの憎悪の声はブラジルに止まらず、世界中に拡大している。例えば、米国のヒスパニック系向け電子版ニュース『ラテン・ポスト』は、
<スニガへの憎しみに満ちた人種差別的なツイートが世界中を飛び交い、彼はブラジル社会の敵ナンバー1になった>
 また、英国の『デイリー・スター』紙は、ネット上の中傷を中心に報じている。
<インターネットで、彼は“サル〟や”奴隷〟などと呼ばれている。なかには、殺害するという強迫もあった。試合終了後、コロムビアは安全が脅かされているとして、彼をブラジルから帰国させた>


高まる命の危険
 試合から4日後、“自宅前でスニガ射殺〟というニュースが世界を駆け巡った。幸いガセだと判明したが、W杯の試合が進むにつれて、彼の生存確率は低下しそうだ。
『今後、スニガはブラジル以外からも恨まれることになるかもしれません』

 こう語るのは、あるサッカージャーナリストだ。
「英国大手ブックメーカー“ウイリアム・ヒル〟のW杯優勝国予想では開幕前、トップはブラジルの4倍だった。ところが、<ここからブロマガ『課金記事』を購読するをクリックしてください>

Monthly MagabloSM Purchase

Monthly MagabloSM Price
680Yen

By purchasing a "Monthly MagabloSM", you purchase the entire month's worth of compiled content.

*Please check the editions you wish to purchase before going on to purchase.

2015

  Edition New Title Num of Articles Price

2014

  Edition New Title Num of Articles Price

2013

  Edition New Title Num of Articles Price

2012

  Edition New Title Num of Articles Price

1970

  Edition New Title Num of Articles Price

*Purchased content can be viewed without limitation.

*No identifying information will be sent to the MagabloSM creator.