FC2ブログ

正次郎のNewsToday's MagabloSM Read a Review

長官官房
  • Creator : 長官官房
  • News

真相を知りたい!!スーパーシスター長渕剛を暴行で訴えた訳ありマネージャーの法廷書面!!

 ASKAや松山千春と甲乙付けがたい人気の長渕剛とは知らない仲じゃない。十数年前、長渕はあることから鹿児島出身の大物参議院議員迫水久常の元秘書で、芸能界、マスコミ、裏社会にも顔の広い私を知り、小さなトラブル解決を頼んできて、解決してあげたことがある。その後、何度か携帯で話し、彼の絵画集を贈ってくれた。
 そしてその数か月後、『愛犬の友』で私と愛犬の「モウ」(19歳で安楽死)が掲載されているのを見て、「無性に描きたくなりました」と、モウの絵を描いて贈ってくれ、現在も我が家のリビングに飾っている。

 それ以降、私は政治ジャーナリスト・作家に専念したために深い付き合はなかったが、私のブログを読んでいることも聞いていた。そんな関係だけに・・・ただ、確かに気性の激しい男である。長渕が私に対して素直になったのは、私の気性の激しさが自分以上と一流のアーチストの直感で感じたからだろう。

 ご存じない方も多くなったから申しあげてますが、国家転覆を狙った殺人集団『オウム真理教』の看板の男として、世界中にまで知られた上祐史浩広報部長が、逮捕される夜、小学館で取材を受けている私の携帯に
「先生、身元を引き受けていただけないでしょうか? 何百人というジャーナリストと会いましたが、唯一信じられたのが渡邉正次郎先生です」
 あの気の強い上祐が少し声を詰まらせ頼んできた。しかもオウムでは教祖の麻原亜彰晃以外を「先生」よ呼んではいけないのに「先生」と…。

私は即座に
「分かった。引き受ける。銃弾が撃ち込まれたようだから、警察によく頼んでいけよ」
「ありがとうございます…』
 これで私は世紀の犯罪者の身元引受人として、怖い顔をテレビや週刊紙にうるさいほど登場させられた。その後、フジテレビの有名レポーター・武藤女史が事務所に来て、
「あの世紀の犯罪者の上祐さんの身元引受人になって非難されませんか?」
 とマイクを向けてきた。
「私たち大人がああいう若者を生んだんです。しかも、溺れる若者が手を伸ばしてきたんです。振り切れますか? 1億3000万人が敵になっても引き受けます」
 と答えた。武藤女史は絶句(放送ではこの発言をカットしていたが。。。)。

 長渕は私が上祐の身元引受人になってのも知っていた。また、悪名高い暴走族グループ『関東連合』を私が結成し、最高顧問だったことも知っていた。こうしたことから長渕剛は渡邉正次郎の気性の激しさは自分を超えていると思い、冒頭に述べたトラブル解決の依頼もしてきたのだろうし、私には素直になれたのだろう。

ところが、先日の『週刊新潮』(週刊文春もコラムで扱っていた)に見出しが飛び込んできて、『何かあったのか!』と少なからず驚いたのだ。『週刊新潮』の記事はこうだ。
―彼ならやりかねないと思わせるところが長渕剛たるゆえんなのか。その長渕が元マネージャーに「殴る蹴る」の暴行を振るったとして訴えられている。コトの白黒は今後の法廷に任せて、どんな裁判なのか、その内容をご覧あれ。

 その訴状が出されたのは今年3月10日のこと。長渕剛の元マネージャーのT氏(45)が、長渕から受けた暴力によって身体的・精神的な被害を受けたというものだ。請求額は211万1160円。
 事件があったのは3年前、元マネが長渕の事務所「オフィスレン」≪筆者・長渕は長男の蓮を溺愛して付けた>3~4月にかけて雇われていた時期に起きたという。

 Tの訴状にはこうある。
<試用期間中から長渕は原告に対して暴行を加えてきた。一番初めは、平成23年3月25日。長渕が鹿児島から東京に戻る際、原告は羽田に迎えにいったのであるが、その際、出口を間違えてしまった。これに腹を立てた長渕が背後から靴のまま蹴りを入れた。その後もことあるごとに恫喝を繰り返し、殴る蹴るをたびたび加えてきた>
 (略)
<度重なる暴力行為に耐えきれなくなり4月5日には契約を解除する旨、S(事務所の人間)に伝えた。そのことを聞いた長渕が会社にやってきて説教したうえで『お前が会社を辞めると言い出したから、皆迷惑するんだ。詫び状を書け』>
 と言ってきたという。そして、元マネを監禁したうえで、
<長渕は「俺と勝負しろ」「殴れ」などとけしかけてきた。これに対し「アーチストに手をあげるなんて出来ません」と断ったのだが、長渕は執拗に「殴れ」「タイマンしよう」と脅しつけ、プロレスのような殴り合い(もっぱら長渕であるが)、あげくの果てには長渕が原告の首を絞めてきた>


≪ブラザー・コーンの事件でも≫
 こうした長渕の暴力によって、元マネは両上腕、両胸部、右大腿などを挫傷し、ストレスのため通院を続けているとしている。彼の暴力癖は相変わらずということなのか。
 一方、長渕剛はこれを全面否定。加えて気になることも主張しているのだ。
「一昨年6月にブラザー・コーンが脅迫容疑で逮捕されるという事件が起きていますが、その原因を作ったのがこの元マネージャーなのです。事件の真相は、ブラザー・コーンと金銭トラブルになった元マネージャーが脅された際のやりとりを録音し、<ここからブロマガ『課金記事』を購読するをクリックしてください>

Monthly MagabloSM Purchase

Monthly MagabloSM Price
680Yen

By purchasing a "Monthly MagabloSM", you purchase the entire month's worth of compiled content.

*Please check the editions you wish to purchase before going on to purchase.

2015

  Edition New Title Num of Articles Price

2014

  Edition New Title Num of Articles Price

2013

  Edition New Title Num of Articles Price

2012

  Edition New Title Num of Articles Price

1970

  Edition New Title Num of Articles Price

*Purchased content can be viewed without limitation.

*No identifying information will be sent to the MagabloSM creator.