FC2ブログ

正次郎のNewsToday's MagabloSM Read a Review

長官官房
  • Creator : 長官官房
  • News

思わず吹き出す!!「セウォル号の子供たちは魚の餌になった」、『朴ヨネはアメリカの慰安婦』!!日本人拉致被害者返還約束する寸前からの北朝鮮発言は“生き〟”活き〟!!

 目にした直感をそのまま口にする。これは田中真紀子元外相や私・渡邉正次郎だけではないようだ。これは生まれ育ちのせいなのだろうか。この後紹介する北朝鮮の3代目将軍金正恩閣下の発言は思わず吹き出す面白さだが、負けてないのが英国のチャールズ皇太子。やはり生まれ育ち以外には考えられない。

 まずはチャールズ皇太子の物議を醸した発言を週刊新潮から紹介する。
 カミラ夫人と共にカナダの移民博物館を訪れていたチャールズ皇太子が、第二次大戦中にポーランドから亡命したというユダヤ人女性との会話のなかで、
「プーチン大統領はヒトラーと同じことをしている」
 と言い放った。(激怒したプーチンの反論は割愛)

 皇太子のこうした発言は今に始まったことではなく、97年の香港返還を受け書かれたエッセイで高齢化する中国の政治家のことを、
「ギョッとするような古い蝋人形」
 と描写。

 また、07年にUAEを訪れ、栄養士と面会した際には、
「マグロナルドを禁じるのが糖尿病患者を減らす鍵ですね」
 とアドバイスして波紋を呼んだ。
、実に正直で私もその場にいたらまったく同じ発言をしたのは間違いない。論評はさて置き、次には金正恩将軍の発言を写真週刊誌「フライデー」から紹介する。フライデーは相当厳しい取り上げ方をしているが、その部分は割愛。金将軍の幾つかの発言も私もそうだろうなと同調する。

<簡単に助け出せたはずの子供たちは、魚の餌になっししまった>(5・14日付け『労働新聞』)
 さらに、
<(子供を殺した)張本人は、南朝鮮(韓国)政府だ。遺族の悲しみは、無能で傲慢で冷淡な朴クネに対する憤怒と憎悪の激しい火となっている>
<弱肉強食の黄金万能主義が幅をきかせる南朝鮮は、人間が暮らせない地獄だ。(北朝鮮)の素晴らしい制度で罪を犯し家族にも見捨てられた人間のクズ(脱北者のことか)が、集まっていることでも分かる。南朝鮮に自由がるとすれば、セウォル号の惨事のように魚の餌になる自由、正当な一言が罪になり監獄に連行される自由、米国野郎を崇め奉り独裁者に従う自由だけだ」


 これは必見もの。米国オバマ大統領への言及も、腹を抱えるほど面白い(『フライデー』誌上では、悪意に満ちていると)。
<見れば見るほど、アフリカの原生林にいる猿そのものだ。(中略)政治家はおろか、人間の初歩的な姿も備えていないこのような醜物が、よりによって尊厳髙い人民の桃源郷である我が国にケチをつけるなぞ、カラスがシラサギをバカにするようなもの。(中略)人類が進化して数百万年が過ぎても、まだ猿の姿をしているオバマが<ここからブロマガ『課金記事』を購読するをクリックしてください>

Monthly MagabloSM Purchase

Monthly MagabloSM Price
680Yen

By purchasing a "Monthly MagabloSM", you purchase the entire month's worth of compiled content.

*Please check the editions you wish to purchase before going on to purchase.

2015

  Edition New Title Num of Articles Price

2014

  Edition New Title Num of Articles Price

2013

  Edition New Title Num of Articles Price

2012

  Edition New Title Num of Articles Price

1970

  Edition New Title Num of Articles Price

*Purchased content can be viewed without limitation.

*No identifying information will be sent to the MagabloSM creator.