FC2ブログ

正次郎のNewsToday's MagabloSM Read a Review

長官官房
  • Creator : 長官官房
  • News

中国軍機、自衛隊機に30㍍の異常接近で挑発(5・24日夜)!!日本人よ、このままでは中国に全滅される!!中国の悪行の⑤アフリカに巨額投資でもナタで襲われるほど嫌われている!!いますぐ、日本政府が全額学費援助している「中国人、韓国人留学生」を追い返し、中国旅行、韓国利旅行を止めよ!!


―中国が躍起になってカネとヒトを注ぎ込んできたアフリカ。インフラの整備に生活水準の向上。アフリカがチャイナマネーで潤ったのは間違いない。だが、感謝されてしかるべき中国人が、なぜかアフリカ人にナタで襲われていた‥・。

「日本と中国の、アフリカに対する力の入れ方は、今や比べ物にならないほどの差があります。中国は世界戦略の一環として、国をあげてアフリカへの支援を行っており、中国の国家主席を首相を毎年、交互にアフリカを歴訪しています」
 そう語るのは、新党大地の鈴木宗男代表である。

「私が初めてアフリカを訪れたのは今から23年前ですが、その頃は現地で中国の影響を感じることはなく、明らかに日本が優勢でした。しかし2,000年代以降、中国は目覚ましい経済発展を遂げ、アフリカを積極的に支援するようになった。そして、日本は完全に逆転されてしまったのです」

 中国は09年にアメリカを抜いてアフリカ最大の貿易相手国となり、今やアフリカ全土に住む中国人は100万人にのぼると見られている。猛烈な勢いでカネとヒトが流れ込んだのは間違いないが、無論、その全てが中国からの「支援」に関係するもの、というわけではない。
 それどころか、中国からの「支援」には、明らかに『ビジネス』に分類されるべきものが多く含まれているのだ。

中国ばかりが得をする
「例えば、中国が農業施設をアフリカに作るとします。すると、所轄する中国商務部のお達しで、国営企業が施設建設のために送り込まれる。建設費用を払うのは、経済的に苦しいアフリカの国です。その国は中国の銀行から金を借り、建設費用を支払います」
 とは、アフリカ事情に詳しいジャーナリスト。

「つまり、中国の銀行が貸したカネは、派遣された国営企業が得た建設費用としてすぐに中国に戻ってきている。アフリカの国には借金が残り、それは<ここからブロマガ『課金記事』を購読するをクリックしてください>

Monthly MagabloSM Purchase

Monthly MagabloSM Price
680Yen

By purchasing a "Monthly MagabloSM", you purchase the entire month's worth of compiled content.

*Please check the editions you wish to purchase before going on to purchase.

2015

  Edition New Title Num of Articles Price

2014

  Edition New Title Num of Articles Price

2013

  Edition New Title Num of Articles Price

2012

  Edition New Title Num of Articles Price

1970

  Edition New Title Num of Articles Price

*Purchased content can be viewed without limitation.

*No identifying information will be sent to the MagabloSM creator.