FC2ブログ

正次郎のNewsToday's MagabloSM Read a Review

長官官房
  • Creator : 長官官房
  • News

ベトナムを応援しよう!!中国軍機、自衛隊機に30㍍の異常接近で挑発(5・24日夜)日本人よ、このままでは中国人に全滅される!!全地球的に嫌われる「中国」悪行一覧!!いますぐ、日本政府が全額学費援助している「中国人、韓国人留学生」を追い返し、中国旅行、韓国利旅行を止めよ!!

―南シナ海での中国の暴挙に、一歩の引かない構えを見せるベトナム。その毅然とした対応が喝采を博し、支援の声が次々と上がっているが、それは裏返せば、「中国ふざけるな」の大合唱でもある。何しろ。中国が世界各地で起こしている悪行は、枚挙に遑がない――その悪行7連発!!でもまだまだ列記しきれないのだ。(週刊新潮より)

その①アメリカの反応を確かめていた南シナ海「艦船衝突」舞台裏!!
―南シナ海での「艦船衝突」は、突如として中国が石油掘削の準備を始めたことによって怒った。なぜこのタイミングで――との疑問を頭に浮かべた方も多かったろうが、指揮者は口を揃える。中国が見ているのはベトナムではない。アメリカだと。

 それが「偶発的な衝突」でないことは、誰の目にも明らかだった。南シナ海の西沙(英語名バラセル)諸島海域。中国海警局の船は、ベトナム沿岸警備隊の船の後方を併走するように航行している。
 異様な光景が展開されるのは、その後だ。中国海警局の船が一気に舵を切り、船首をベトナム洗顔警備隊の船に向ける。ブザーのような音が鳴る中、慌ただしく船上を駆け回るベトナム人船員。その直後、金属がきしむような凄まじい衝突音が響く。


ベトナム政府が5月10日までに公開した映像には、衝突時の生々しい様子が克明にとらえられており、その一部はユーチューブでも見ることができる。そうして世界中に拡散した中国の「暴挙の証拠映像」は、数多の人の眉をひそめさせたに違いない。

「中国が現場海域に石油掘削のための設備を搬入したのは、5月2日。同時に中国は警護のための軍用艦など80隻の艦船を派遣し、<ここからブロマガ『課金記事』を購読するをクリックしてください>

Monthly MagabloSM Purchase

Monthly MagabloSM Price
680Yen

By purchasing a "Monthly MagabloSM", you purchase the entire month's worth of compiled content.

*Please check the editions you wish to purchase before going on to purchase.

2015

  Edition New Title Num of Articles Price

2014

  Edition New Title Num of Articles Price

2013

  Edition New Title Num of Articles Price

2012

  Edition New Title Num of Articles Price

1970

  Edition New Title Num of Articles Price

*Purchased content can be viewed without limitation.

*No identifying information will be sent to the MagabloSM creator.