FC2ブログ

正次郎のNewsToday's MagabloSM Read a Review

長官官房
  • Creator : 長官官房
  • News


コイツは売国奴!!確信犯おぼチャンと同列、鼻と口の周りにカビ生えた「竹中平蔵はデビューが“剽窃論文〟」だった!!こんな男が政府の委員!小泉もロンドン大学留学詐称だったから気が合った?

狂人小泉と声高に「構造改革」を叫び続けた竹中平蔵・慶応大学教授には、STAP細胞も真っ青の論文剽窃(ひょうせつ=盗むと同義語)があったことが判明した。
『市場と権力』(講談社)で大宅荘一ノンフィクション賞を受賞した佐々木実氏が、比民・竹中平蔵の知られざる秘話を明かす。(以下、週刊文春より)

かくも長きにわたり日本の経済政策に影響を与えた経済学者がかつていただろうか。竹中は(敬称カットは筆者)は16年前に小渕政権の経済戦略会議のメンバーになって以降。ほぼ途切れること無く政府の経済ブレーンをつとめている。

そんな竹中が、今度は安倍政権で規制緩和の司令塔役を果たそうとしている。産業競争力会議で「国家戦略特区」構想を打ち出し、提言どおり安倍総理直属の『国家戦略特区諮問会議』が新設されると、こちらも民間議員に就任。労働、医療、農業などの分野に大胆な規制緩和で切り込もうとしている。

もはや日本を代表する経済学者となったわけだが、そんな彼にも触れられたくない過去がある。デビューをめぐる“剽窃論文〟だ。
竹中が『研究開発と設備投資の経済学』(東洋経済新報社)を上梓したのは1984年7月。当時は日本開発銀行(現日本政策投資銀行)に勤務する33歳の駆け出しエコノミストで、大蔵省のシンクタンクに出向していた。

ところが、満を持してのデビュー作が出版されると、日本開発銀行に波紋が広がった。共同研究者だった鈴木和志氏(現明治大学教授)が、竹中の本を見て、ショックのあまり同僚たちの前で、<ここからブロマガ『課金記事』を購読するをクリックしてください>

Monthly MagabloSM Purchase

Monthly MagabloSM Price
680Yen

By purchasing a "Monthly MagabloSM", you purchase the entire month's worth of compiled content.

*Please check the editions you wish to purchase before going on to purchase.

2015

  Edition New Title Num of Articles Price

2014

  Edition New Title Num of Articles Price

2013

  Edition New Title Num of Articles Price

2012

  Edition New Title Num of Articles Price

1970

  Edition New Title Num of Articles Price

*Purchased content can be viewed without limitation.

*No identifying information will be sent to the MagabloSM creator.