FC2ブログ

正次郎のNewsTodayのブロマガSM Read a Review

長官官房
  • Creator : 長官官房
  • News

命短し…「森進一」が告白した「肺がん手術」成功の後にも残る…不安…親しい医師は「余命一年」と断言!そりゃないよ。なあ森くん。

デビュー曲「女のためいき」で一躍スターダムに・・「命かれても」「盛り場ブルース」「襟裳岬」と連続ヒット。「おふくろさん」で国民的歌手となった森進一(65)。「芸能市場調査」(現オリコン)編集長だった筆者とも長い付き合いで、歌手で唯一筆者を「正次郎さん」と呼んでいた。その森進一がテレビ番組で“肺がん摘出手術”を告白した。

 それは5月10日のBS朝日「ザ・インタビュー~トップランナーの肖像~」でのことだった。
 聞き手に“肺について・・・〟と振られた森は、
<2年か3年くらい(前)ですかね。肺にちょっと,腫瘍みたいなのがあって…・「がんです」と言われて。「ああ、ついにきたのかな」と思って>

 森は何人かに相談後、手術を決断。
<手術の前に長男(人気バンド「ONE OK ROCK」)のボーカルTaka)が来て、先生に「お父さん、何とか助けてくれ>と言ってくれて…僕、手術室入ったんですけど、それから覚えていないんですけど、大丈夫ということで。タマゴくらい(の大きさの腫瘍)ですかね、取って>

 宣告時の心境については、
<ショックでしたね。(略)いろんな人がいろんなことに遭遇するんでしょうけど、やっぱりがんと言われるとね。すぐに治るところならいいですけど。いろんな覚悟がね、できますね>
 そして術後について、
<順調ですが、高齢者ですから、常にいろんなことに注意してないと>
 と語り、場を和ませた。

 しかし、なぜ今このような告白をしたのか。
「来月、東京と大阪でコンサートが予定されているので、その話題作りでは?」とさる芸能レポーターは鼻白む。そして、そんなうがった見方を警戒してか、森の事務所は、
「この件ではもうどのメディアにもお答えするつもりはありません」
 とそっけない対応である。

 それにしても、気になるのはその病状だ。医学博士の中原英臣・新渡戸文化短期大学学長が解説する。
「紅白で森さんを見たときは、少し痩せたかな、と思いました。肺からタマゴ大の範囲を切除したなら、かなり進んでいたんだと思います。ただ、がんで問題となるのは再発と転移。肺がんといってもたちの悪いがんとそうでないがんがありますが、森さんの場合、もう2,3年も再発・転移がないのなら、きっといい方のがんなのでしょう。実生活にも歌手生活にも影響はないと思います」

 もっとも、昨年の紅白を取材した芸能記者曰く、
「出場歌手たちは14段の大階段を歌いながらステージ前方まで下りてくるものなのですが、森は最上段で『襟裳岬』を歌い切った。リハーサルでもスタッフに背中を抱えられながら<ここからブロマガ『課金記事』を購読するをクリックしてください>

Monthly MagabloSM Purchase

Monthly MagabloSM Price
680Yen

By purchasing a "Monthly MagabloSM", you purchase the entire month's worth of compiled content.

*Please check the editions you wish to purchase before going on to purchase.

2015

  Edition New Title Num of Articles Price

2014

  Edition New Title Num of Articles Price

2013

  Edition New Title Num of Articles Price

2012

  Edition New Title Num of Articles Price

1970

  Edition New Title Num of Articles Price

*Purchased content can be viewed without limitation.

*No identifying information will be sent to the MagabloSM creator.